安心、安全かつ良質な薬物治療を実践、提供することを目指す

学会誌

●アプライド・セラピューティクス ISSN 2432-9185 (Online edition)

Vol.10 より、学会誌は J-STAGE 上で公開いたします。
論文タイトルをクリックすると J-STAGEの画面を開きます。

過去に学会誌『アプライド・セラピューティクス』に掲載された論文のJ-STAGEでの公開について(PDF 50Kbytes)

● Vol.15 2020

芦川 直也
著者からの一言
心不全症例に対する薬物療法をより効果的なものとするために、処方提案すべき状況は非常に多くあります。この論文では、心不全治療に難渋する症例の状況をどのように把握し、治療効果を高めるための薬学的視点に基づいた処方をどのように提案するかをまとめさせて頂きました。

● Vol.14 2020

14 巻 (2020) 1 号:ワークショップ3
腰山 節子, 安場 広高, 吉村 千恵, 駒瀬 裕子
著者からの一言(ワークショップ3)
喘息やCOPDにおける吸入療法は有用な治療法である反面、正しい手技による確実な吸入ができないと治療効果は期待できません。更に形状やその特徴の異なる吸入薬が多く上市されており患者だけでなく支援に当たる医療者でさえ戸惑うことが少なくありません。そこで本稿では、吸入療法の支援者としてのスキルアップへの糸口となれば幸いに思います。
◇ 14 巻 (2020) 2 号:シンポジウム3
西村 桂子, 角山 香織, 楠本 正明
著者からの一言(シンポジウム3)
医療現場の状況は近年大きく変動し、医師、薬剤師共に社会からの要望が多岐に渡りかつ高度になってきている。その期待にこたえられる薬剤師の育成のため、医療チームでの医師・薬剤師教育で経験豊かな3人の講師が貴重な提案、助言をされた。医薬協業を推進出来る医療人教育のための方向性が示された価値あるシンポジウムとなった。
◇ 14 巻 (2020) 3 号:シンポジウム4
緒方 宏泰
山村 真一
磯部 総一郎
近藤 太郎
大津 史子
著者からの一言(シンポジウム4)
『地域医療において、どこが、あるいは誰が、適切な医薬品情報を収集、評価し、地域の医師に発信し、薬物治療にフィードバックさせていくのか』を各シンポジストに提示し、議論をふかめ、次のステップへの方向性をフロアーでの参加者と共に議論することを目的にシンポジウムを開催した。シンポジウムの記録である。
◇ 14 巻 (2020) 4 号:シンポジウム5
柚本 アヤ子, 中川 善嗣, 藤井 一美, 籾山 陽子, 篠原 裕子, 藤垣 哲彦
著者からの一言(シンポジウム5)
病院薬剤師と薬局薬剤師は、地域住民が入院時と在宅時の薬物治療を安心して受けられるよう、切れ目なく支援していく役割を求められる。 「患者のための薬局ビジョン」事業の一つとして大阪府では、入院時に保険薬局からの、退院時には病院薬剤科からの情報を双方向に提供する試みを行った。 今後、薬薬連携が進んでいく大きな流れとして期待したい。
◇ 14 巻 (2020) 5 号:シンポジウム6
中川 由衣
秋本 常久, 大年 理史
横井 正之
著者からの一言(シンポジウム6)
皆様は薬局薬剤師の仕事をどのようにお考えですか?私は当学術大会における担当分野である「プライマリケアにおける医薬協業」について、そのあり方と将来への展望を考える中で、「薬局薬剤師の専門性」というキーワードに辿り着きました。シンポジストの先生方の論文と併せてご一読下さい。

● Vol.13 2019

土井 信幸, 飯塚 慎哉, 小見 暁子, 小柳 真依子, 菊地 潤一, 秋山 滋男
著者からの一言
本邦において科学的・総合的に抗精神病薬の適正使用を判断する必要があるとい う姿勢が一般化された背景として,診療報酬改定がひとつの契機になったと考え られる.し かし,精神科臨床では政策と同時に患者の声に耳を傾けた治療薬の適 正化が特に重要と なっている.本稿が,抗精神病薬による適正な薬物治療のあり 方を考えるきっかけにな れば幸いである.

● Vol.12 2019

岩﨑綾乃、鈴木直哉、冨田真央、濱田理恵子、永谷美由紀、三浦絢子、中西邦夫、今井公江
梅村 雅之, 邑松 俊亮, 福谷 勇真, 池上 雄貴, 吉田 彩乃, 柳原 保, 脇屋 義文

● Vol.11 2019

緒方 宏泰
村山 隆之
狭間 研至
鈴木 賢一, 山本 信之
小茂田 昌代, 和田 猛, 高橋 秀依, 嶋田 修治, 真野 泰成, 鈴木 立紀, 高澤 涼子, 尾関 理恵, 青山 隆夫
土井 信幸
中村 郁代, 佐藤 美弥子, 大向 香織, 長沼 未加
真野 俊樹

● Vol.10 2018

越前 宏俊
近藤 直樹
松井 健太郎
澁谷 淳, 角南 由紀子, 宮城 調司, 青柳 守男, 山崎 英樹, 樫山 麻子, 寺師 聖吾
奥田 聡
金井 紀仁, 鈴木 義人
茂木 孝裕, 藤田 朋恵, 金井 紀仁, 神山 紀子, 久保田 洋子, 小茂田 昌代, 佐藤 弘康, 関根 祐子, 中田 和宏, 根本 慎吾, 林 洋子, 本石 寛行

● Vol.9 No.2 2018

Vol.9 No.2 一括ダウンロード(pdf 2.0MBytes)
Vol.9 No.2 分割ダウンロード 1/5 (pdf 1.2Mbytes)
Vol.9 No.2 分割ダウンロード 2/5 (pdf 0.7Mbytes)
Vol.9 No.2 分割ダウンロード 3/5 (pdf 0.8Mbytes)
Vol.9 No.2 分割ダウンロード 4/5 (pdf 1.0Mbytes)
Vol.9 No.2 分割ダウンロード 5/5 (pdf 0.8Mbytes)

● Vol.9 No.1 2017

Vol.9 No.1 一括ダウンロード(pdf 2.6MBytes)
Vol.9 No.1 分割ダウンロード 1/2 (pdf 2.0Mbytes)
Vol.9 No.1 分割ダウンロード 2/2 (pdf 1.8Mbytes)

● Vol.8 No.2 2017

Vol.8 No.2 一括ダウンロード(pdf 9.1MBytes)
Vol.8 No.2 分割ダウンロード 1/2 (pdf 7.3Mbytes)
Vol.8 No.2 分割ダウンロード 2/2 (pdf 1.8Mbytes)

● Vol.8 No.1 2016

Vol.8 No.1 一括ダウンロード(pdf 11.2MBytes)
Vol.8 No.1 分割ダウンロード 1/4 (pdf 7.3Mbytes)
Vol.8 No.1 分割ダウンロード 2/4 (pdf 1.9Mbytes)
Vol.8 No.1 分割ダウンロード 3/4 (pdf 1.9Mbytes)
Vol.8 No.1 分割ダウンロード 4/4 (pdf 0.5Mbytes)

●アプライド・セラピューティクス ISSN 1884-4278(Print edition)

アプライド・セラピューティクス学会誌1号 アプライド・セラピューティクス学会誌2号 アプライド・セラピューティクス学会誌最新号
Vol.1 No.1 2009
目次・要旨
閲覧号一覧
Vol.2 No.1 2010
目次・要旨
閲覧号一覧
Vol.2 No.2 2011
目次・要旨
閲覧号一覧
アプライド・セラピューティクス学会誌最新号 アプライド・セラピューティクス学会誌最新号 アプライド・セラピューティクス学会誌最新号
Vol.3 No.1 2011
目次・要旨
閲覧号一覧
Vol.3 No.2 2012
目次・要旨
閲覧号一覧
Vol.4 No.1 2012
目次・要旨
閲覧号一覧
アプライド・セラピューティクス学会誌最新号 アプライド・セラピューティクス学会誌最新号 アプライド・セラピューティクスV5N2
Vol.4 No.2 2013
目次・要旨
閲覧号一覧
Vol.5 No.1 2013
目次・要旨
閲覧号一覧
Vol.5 No.2 2014
目次・要旨
閲覧号一覧
アプライド・セラピューティクス学会誌最新号 アプライド・セラピューティクス学会誌最新号 アプライド・セラピューティクス学会誌最新号
Vol.6 No.1 2014
目次・要旨
閲覧号一覧
Vol.6 No.2 2015
目次・要旨
閲覧号一覧
Vol.7 No.1 2015
目次・要旨
閲覧号一覧
アプライド・セラピューティクス学会誌最新号    
Vol.7 No.2 2016
目次・要旨
閲覧号一覧
   

pdf ファイルは、ダウンロード後 Adobe Reader®10.0 以降でご覧ください。
投稿規定
投稿規定(PDF) (2020年2月改定)
図表作成基本規定
図表作成基本規定(PDF) (2020年5月改定)
投稿時チェックリスト
投稿時チェックリスト (PDF) (2020年5月新規追加)
バックナンバーの購入方法
ご購入希望の方は、購読申込書(PDF)に要項をご記入の上、
FAX(03-6267-4555)でご注文をお願い申し上げます。
購読申込書(PDF)
もしくはEメールでも受け付けております(ats@mynavi.jp)。
購入についてのご質問も(ats@mynavi.jp)にて受け付けております。
詳細は http://maf.mynavi.jp/hanbai/hanbai.html をご覧ください。
(E-mailアドレスは、いたずら防止のため、アットマークを全角にしてあります。)
  非会員への販売価格:税込み3,675円(税別3,500円+消費税175円)
  バックナンバーの購入は下記へ連絡をお願いします。
(株)毎日学術フォーラム
TEL.03-6267-4550
FAX.03-6267-4555
E-mail:asts@mynavi.jp
(いたずら防止のため、アットマークは大文字にしてあります。)

 


アプライド・セラピューティクス学会イメージ写真